マースジャパンの強み

04

消費者心理に寄り添った売り場の構築力

消費者目線に合わせた、きめ細やかな売り場構築が鍵

商品力が購買を後押しした時代から、広告宣伝のアピール力が求められた時代を経て、現在の販売現場では、いかにショッパーインサイト(消費者心理)をつかみ、興味喚起から購買行動へつなげるかが重要な要素になっています。

従来のマーケティングでは“使用シーン”に焦点を当てた、商品開発と商品訴求がトレンドでした。しかし、ITツールによりどんな情報も瞬時に手に入り、多数の競合商品がひしめく今、いわゆる「指名買い」の割合は減少の一途をたどっています。販売現場には消費者の消費行動を注意深く観察し、“購買シーン”を先読みする視点が求められるのです。

「購買シーン」を意識した「売れる売り場」を構築

言うまでもなく鍵を握るのは、消費者との接点となる“売り場”です。
マースジャパンは、これまで数限りない販売現場のプロデュースを行ってきた経験と、販売のプロである小売店の方々とのリレーションシップによって、消費者により商品を印象づけるための施策があります。
特に売り上げを左右する「陳列力」は専門としてきた分野であり、販売チャネルや店頭配荷の拡大を基本に、魅せるSPツール作成、店頭でのデモンストレーションを組み合わせなどから、”売れる売り場”を構築していきます。