ショッパーインサイトを考慮した売場演出

従来のマーケティングでは“使用シーン”に焦点を当てた商品開発と商品訴求を行ってきました。しかし、指名買いの割合いが減ってきている現在では「どのように買ってもらうのか!?」を考えた時、そこには“購買シーン”という視点を取り入れた発想が必要になります。
例えば

「主婦が晩御飯の為に買物にきた時の心理」「お客様がお店を選ぶ時の心理」

このようにお客様の購買ポイントである売場においては「使用する時(食べる時)」から → 『 買う時 』を意識する必要があります。
売場で『購入を決定付ける心のポイントやツボ』にアプローチすることによって店頭での売上に差が出てきます。
その為、我々は日々“購入者”の目線に合わせた店頭販促活動を展開しています。



ページのトップへ